気まぐれ食いしん坊の台湾ごはん オマケ編/肉燥(台湾の家庭料理•豚肉の醤油煮)レシピ 
FC2ブログ

オマケ編/肉燥(台湾の家庭料理•豚肉の醤油煮)レシピ 

 
ブログ名が「台湾ごはん」とあるからには、
コレが載ってなきゃダメでしょ!


と思いつつ、あっちゅーまに月日は流れ、
ついに今日にいたりました!!


そう、本日は、
台湾ごはんの代名詞ともいうべき肉燥のご紹介です。
(滷肉飯/魯肉飯/ルーローファンとも)





しかも、女王の手作り•笑

IMG_0072.jpg

台湾のガイドブックにほぼ100%の割で紹介されてますが、

台湾人と結婚した身にとって、
コレばっかりは、観光的な外食ではなく、
手作りで紹介できねば、嫁にきた証がたたぬというものです•笑

というか、

それくらい、家庭の味なんですね。





写真をご覧のとおり、
「肉燥」は、豚肉の細切れを甘辛い醤油味で煮付けたもので、

中国語では「ロウザオ」、
台湾語では「バーソー」と読みます。

IMG_0074.jpg

で、この肉燥を、

ご飯にかけたら「肉燥飯/ロウザオファン/バーソープン」、
麵にかけたら「肉燥麵/ロウザオミェン/バーソーミー」となるわけで、

ほかにも野菜炒めの上にのっけたり、
豚まんのような皮に挟んだり、
家庭料理の王様だけに、いろんな料理に応用されます。

あ、そうそう
これまた台湾名物の担仔麺にのっかっているのも肉燥なんですよ。




たまに、魯肉とか魯肉飯と紹介されてますが、
これは、漢字が間違っていて、
正しくは、「滷肉(ルーロー/ローバー)」と書きます。



「滷肉」の「滷」という字には
「あんかけのように、とろみのついた汁」とか、
「醤油で煮詰めた料理」という意味があり、



台湾料理の「肉燥」を見た中国人が、
その調理法から「滷肉」と呼ぶようになり、
おもに台北では、この名が通るようになったそうです。

しかも、どこでどう間違ったのか
間違った漢字(読みは同じ)が一般的に知られてしまった!
というわけ。



台南は、
台北に比べ、生粋の台湾人がほとんどなので
断然「肉燥」でございます!!

IMG_0078.jpg

我が家の肉燥、豚肉がすこし大きめで豪華でしょ

肉燥をつくるときは
王子にお願いして、市場で豚肉を買ってきてもらうのですが
(スーパーの豚肉とは比較にならないほど美味しいのだ!!)

今回は、ちょっといつもより大きめだったかも
(市場のお店で、切ってもらうのです)

砂糖、醤油がメインの調味料ですが
忘れてならないのが、油葱酥と五香粉!!

        油葱酥の記事は → コチラ
        五香粉の記事は → コチラ


基本の作り方は、

最初に、油葱酥と豚肉をよく炒め、
醤油、砂糖、酒で味付けし (醤油は多め)、
五香粉で香りをつけ、
煮汁がひたひたかぶるくらいに水を足して
後はじっくり煮込むだけ。



細かい分量は、
それこそ、家庭の数だけレシピがある!って感じで、

ゆで卵や厚揚げ、練りものなど、
お好みの具材を一緒に煮込んだりもします。


IMG_0077.jpg


我が家は、義父の肉燥(義母はベジタリアン)が
すごーーーく美味しくて、
何度かそれを食べさせていただいてから、

その味をお手本に作るようになりました。





今回は、ちょっと辛かったけど☆










肉燥の簡単リメイク ★ イタリアン•パスタに変身!? → コチラ

残った油葱酥を使い切ろう! → コチラ

















     **************















ぎゃおおおーーーーっ

IMG_0066.jpg

肉、食いてえーーーっ
















台湾の人気ブログが大集合
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
オカンも成長したニャ〜!!

















関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外生活   ジャンル : 海外情報

プロフィール

気まぐれ女王と食いしん坊王子

Author:気まぐれ女王と食いしん坊王子
  
台湾の古都、
台南にお嫁入り!!
かなり遅めの国際結婚。

台南生まれ、台南育ちの
食いしん坊王子(旦那)と
一緒に食べ歩き♪♪

台湾•台南を中心に、
めざすは1000軒!


ーーーって、
始めたブログだけど、


いつのまにやら、

台湾の食材、
自己流?台湾料理レシピ、
台湾の風習、
最近の観光スポット、
ホテル情報etc,...

もアップするように。。。笑



たまに、
台湾パパママも登場。
80歳を越えても元気な
義父母です!!


あなたの
台湾旅行の参考に
なればいいな〜♪♪







我が家のアイドル。
大ちゃん、中ちゃん。

目も開いてない、
ヘソの緒がついたままの
未熟児の仔猫たちを
保護することに!

020.jpg

動物病院の先生は
「一週間でしょう」と…。

自宅で自力で
まさしく不眠不休!!
なんとか育ってくれました!!

保護した日の記事はコチラ
→click here





IMG_4.jpg
大(だい)ちゃん
生まれつき左脚先がないけれど、
のんびり大らかな性格。
王子と同じ食いしん坊
&ちょっと間抜けな甘えん坊。

2012年末に、腎臓がひとつ
機能しなくなったけど、
毎日がんばってます!

※写真は2016年9月4日




IMG_191.jpg
中(ちゅう)ちゃん
生まれつきの腎臓病。
&気管支が曲がってるので
ほとんど鳴けない。
レントゲンを撮ったら、
「こんな猫は初めてだ!」
と、獣医さんが驚いたほど。
オカンの膝で、指しゃぶりをするのが
大好きです。

2012年11月19日から、仏様のお膝
もとで暮らすようになりました。

※写真は2012年8月11日
 
 
 



いつも
応援ありがとうございます!!


みんなの応援ポチ↓がパワーの源!

台湾の人気ブログが大集合〜!!
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

ボクたちも参加してま〜す
今日は何位かニャ???
 
 
 

あなたの探しものは?
気になるワードを検索してみてね!
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
今日は何位かニャ?
いつも 応援ありがとニャ〜
 

レシピまとめ
ワタシも持ってるよ♫


『安閑園の食卓』
「台南」に生まれ育った
著者が、幼い頃の「台南」を
語るエッセイ集。
昔ながらの台湾が、
なぜだか懐かしく感じる、
大好きな一冊。
ブログ記事はこちら。

2012年の中文版
レシピ付だよ!







『わが青春の台湾 わが青春の香港』
食のエッセイも数多い
邱 永漢さんの半生自伝。
日本統治時代の台湾のことも
わかりやすい目線で書かれてます
ブログ記事はこちら!







『台湾 好吃大全』
ただの食べ歩きじゃなく、
歴史や文化的な背景も!
かつ、かるく読める
ところがお気に入り!
ブログ記事はこちら!







『洗面器でヤギごはん』
この本で、
おいしいパパイヤの食べ方、
知りました!
ブログ記事はこちら!







『くさいはうまい』
納豆、ヨーグルト、酢、
キムチ、味噌、魚醤。。。
台湾に来てからは、
腐乳に臭豆腐もプラス!
クサイもん、大好き!!
ブログ記事はこちら。






『禅寺の精進料理十二ヶ月』
台湾で読みました。
食べ物って、
まさに四季ですね。
懐かしい日本のあれこれが
思い浮かびました!

ブログ記事はこちら!






『クッキングバーナー』
レンジもオーブンも
トースターもグリルも
なんにもない我が家、
グラタンやチーズ、
魚の焼き目はこれでOK!
かなり重宝するわ〜!!
ブログ記事はこちら!






全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク